【ソガ企画CM】ドラゴンボールDS合唱篇、こうやって企画した!

bandicam 2019-12-10 11-46-38-158

1.過去に僕が企画したテレビCMを解説します

テレビCMを企画している人が、どんな人か?

どういう手順で企画しているか?など、なかなか知る機会がないと思います。

ということで本ブログでは、過去のテレビCMを紹介しつつ、どうつくったのか?を書いていきたいと思います。

 

まずは、そのテレビCMをご覧ください。

*他にも誰かが何年か前にアップした映像が2つありました!

https://www.youtube.com/watch?v=AHeB9TmsCuQ

https://www.youtube.com/watch?v=ORSVV1uCupY

 

ガーリッ君
1分って、長いテレビCMだね
ソガ
15秒もあるんだけど、実際にオンエアされたこの1分CMもすごく好評だったんだ。

 

2.広告の効果と感想

bandicam 2019-12-10 11-40-18-106

オンエアしてすぐ好評で、ゲームの追加受注が入りました。『広告で売る』事を実感できたテレビCMの1つです。

 

こんな嬉しい感想も!

bandicam 2019-12-10 11-40-11-019 bandicam 2019-12-10 11-40-34-925

 

YOUTUBEに外国人もコメント!ストーリー分かるのかな?

bandicam 2019-12-10 11-39-40-023

訳)人間の手で作られた今までで最高のCM

bandicam 2019-12-10 11-39-56-431

訳)素晴らしい!何度も何度も聴いた。このフルバージョンを見つけたい。

ソガ
残念ながらフルバージョンは制作していないので、この世にありません。

 

ニコニコ動画のコメントもすごい事になっていました。

bandicam 2019-12-10 11-54-01-439 bandicam 2019-12-10 11-54-09-512

面識のない後輩コピーライターが席に来て「ドラゴンボールDSのCM、すごく好きです」と感想をくれた事を、今でも覚えています。

 

こうやって人の心に残るものをつくるのは、嬉しいですね。しかも…

 

広告で売れた!とクライアントさんに言って頂いたテレビCM!

 

 

3.どんな依頼内容だったか?

bandicam 2019-12-10 11-45-46-059

クライアントさんからのCM依頼は『オリエン』とよび、色んな情報が書かれています。そこでお互いの意見を出しつつ、何をCMの訴求ポイントにするかを決定します。

 

◆ゲーム内容=商品性

ドラゴンボールといえば、悟空が大人になって戦うゲームが主流。しかし今回はドラゴンボールを集め始めた幼少期から追体験できる。

 

◆ターゲット

幼少期の悟空から追体験できるので、2つのターゲット設定

  1. ゲームをする子ども
  2. 最初からドラゴンボールを読んでた層=大人

 

商品性とターゲットから、その場で僕がキャッチコピーを考えました。

 

 

4.企画の軸=キャッチコピー

『ドラゴンボールに関係のある言葉』かつ『大人までも響く言葉』…それはもうこれしかないでしょう!

 

そうさ、今こそアドベンチャー

bandicam 2019-12-10 11-46-33-145

子どもにとっては、これからの人生が冒険!そうさ、今こそ&今からアドベンチャー!

「おれたち終わっちゃったのかな?」「まだ始まってねーよ」とは僕の大好きな北野映画『キッズリターン』の名セリフ。

そう、子どもはまだ始まってない!

 

では、大人にとって冒険はもう過去のものですか?

『まだだ!まだ終わらんよ!』(By クワトロ・バジーナ)

大人というは、とにかく終わりを認めたくないのです。

 

別に仕事をほっぽりだして沖縄旅行に行こう!というのではない。

 

自分の人生なのに、自分でコントロールできない時間・しがらみが多くなった日々。でも、少しでも「自分の今やりたい事」を優先できるはず。そんなちょっとした冒険でもいい。それが今回のシーン。

 

ゲームをプレイするのも、「ちょっとワクワクしたい優先事項」ですよね。

 

ソガ
両者の気持ちが表現できる言葉が、実は目の前にあった。見つけた!という感じでした。

 

あとは、子どもと大人が同時にいてもおかしくない場面を設定するだけ。それが合唱コンクールでした。はい、企画の出来上がりですね!

ガーリッ君
企画の後半、はやいねー

 

軸が決まれば、ドミノ倒しのように企画は自然と決まっていく。

 

 

5.裏話。編集室に行くタクシーの中、ギリギリまで迷いに迷ったところ。

bandicam 2019-12-10 11-45-50-115 bandicam 2019-12-11 14-21-32-313 bandicam 2019-12-10 11-46-19-960

実は途中に入るスーパー、仮編集(1度目のつなぎをチェックする編集)の段階では入っていませんでした。実は、これがあると、ないとじゃ大違い!

 

仮編集の映像を何度も見直したのだけれど、なぜかさらっとしてしまう。感情が揺さぶられない。

 

なぜ?なぜ?なぜ?と自問自答を繰り返した結果、分かった事。それは

 

結局、どっちの目線でCMを観ていいのか分からない。

 

という結論に行きつきました。Wターゲットだが、やはり誰の目線なのかと言えば、『父親』。

 

だからこそ、彼の心情を補足する言葉を視覚から。合唱の声は聴覚から。という2つの処方が良い!そうしよう。と最後のタクシーで決心。でも肝心の言葉が出てこない。

 

編集室でひねり出したのが、上記の3つの言葉です。これがないと、実はイマイチです。

 

粘ってよかったーーー!

 

 

6.そして続編へ!

ガーリッ君
このテレビCM、続編あるんだ!!!
ソガ
そう!そして次回はあの曲を使用します。

 

続編CMは、いずれ本ブログに書きますね!

 

 

本記事まとめ

  1. 「商品を売る広告」そして「感情を揺さぶる広告」は両立できる。
  2. むりやり言葉を創作するのではなく、目の前にある可能性もある。
  3. 軸が決まれば、その後はうまくいく。
  4. 完成ギリギリまで全力でねばる!

広告映像/企画講義・研修のご依頼

①広告映像の企画・制作を依頼したい。

将(Shou)
企画から映像制作まで一気通貫して行っています。

②企画や映像制作に関する講義・研修を受講したい&社内で実施したい。

将(Shou)
東京・大阪・福岡で実施中。

③にんにくフェスを我が街でも開催したい。

将(Shou)
にんにくフェスに限らず町おこしのイベント企画もご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA